二次感染者

弁護士に相談二次感染者は母親からの母子感染になります。必要書類は母親が第一感染者であることを証明できるもの、本人(二次感染者)がB型肝炎に感染していることを証明できるもの、感染経路が母子感染でありそれ以外に感染経路がないことを証明する書類が必要です。母子感染の場合は、出生直後に感染するので、それを証明する書類も必要です。

二次感染者の場合は母子感染となりますが、昭和60年12月31日以前に出生している人が対象となります。母子感染であることを証明する書類はいくつかあるので、全てを揃える必要はありませんが、いずれかを用意しないと証明できません。必要書類については、弁護士が把握しているので、自分で用意することはありませんが、母子手帳などは探しておいた方がいいでしょう。

B型肝炎給付金請求は期限があるので、B型肝炎給付金請求訴訟を起こすのが遅れると対象者と証明できても期限までに受理されない限り、給付金を受け取ることができません。期限は平成34年1月12日までとなっていますが、受理されるまでの時間を考えると残された時間はあまり多くありません。症状が出ている場合は、給付金の額も多くなるので、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

○推奨リンク○
http://www.adire-bkan.jp/
B型肝炎給付金請求サポートをしている弁護士法人アディーレ法律事務所のサイトです。